雇用保険の受給資格
当サイトについて | リンク | リンクについて |

ホーム>派遣社員離職した場合の給付制限



派遣社員離職した場合の給付制限
広告




契約社員や派遣社員で就職した場合は雇用契約期間と
言うものがあり契約書内に定められている期間働ける契約ですが



雇用期間の更新をされなかったり何らかの事情で離職した場合の
期間満了の給付制限を説明していきます。


契約社員の場合


まず、契約社員の場合で契約満了で離職したばあいは
失業給付制限は付かないようですが



お勤めになった期間がどれくらいかなどや
契約更新をしない理由などでかで給付日数が変わってきます。



基本的に、契約満了による退職の場合は
会社都合や自己都合問わず給付制限のない一般離職者となりますが



契約更新ができる状態であるにもかかわらず自ら契約更新を
拒んだ場合は給付制限のない特定受給資格者になって給付日数が増えます。



しかし、契約更新で3年以上勤務している場合は離職理由により
一般離職者にならず「特例受給資格者」になり給付日数が
増える場合もあるようです。






派遣社員の場合


派遣社員での就職の場合に、契約更新をするかしないかをどちらが言ったかで
失業保険の給付制限が変わってきます。




会社が何らかの事情で更新をしないと言うことをいえば
給付制限のない一般離職者となります。


しかし、自分から更新しないと言うことを会社に伝えた場合は
3ヶ月間の給付制限のある一般離職者となります。


派遣社員の会社都合は期間満了で退職しても
給付手続きはすぐにはできません。


給付制限がなくても期間満了で退職後にすぐに受給手続きが出来ない理由は
雇用契約を更新している派遣社員が契約満了となっても派遣会社と
雇用関係が無くなったわけではなく


同じ派遣会社で仕事を探す意思があれば派遣会社は次の会社を探すようにと
ハローワークに指導されているため契約期間満了で離職した後1ヶ月間は
派遣会社は、次の仕事を探す努力をしなければいけないようです。


しかし、1ヶ月過ぎても次の仕事が見つからなかった場合は期間満了となり
退職とみなされて失業保険給付の手続きができるようになるようです。


広告


スポンサードリンク



メニュー

ホームに戻る

雇用保険とは?

雇用保険と被保険者とは?

自己都合で失業した場合

加入条件と対象となる年齢

雇用保険の手続きと必要書類

雇用保険での就職困難者とは?

高年齢雇用継続給付金とは?

失業保険の延長手続きと扶養

雇用保険の受給期間と給付制限

雇用保険被保険者証と離職票の違い

失業保険と所得税の関係

住所や名前の変更手続きの時期

会社から離職票がもらえない理由と対処法

失業保険がもらえない場合の対処

契約満了は自己都合なのか?会社都合なのか?

雇用保険の加入条件の年齢は64歳まで

失業保険の延長をする場合に必要な書類

雇用保険が未加入の場合は離職票はどうなる?

就職促進給付の再就職手当について

派遣社員離職した場合の給付制限

オリジナルコンテンツ

就職出来ない場合はブログで副業

ネットを利用した副業をおこなう場合の注意点

若年者トライアル雇用とは?

リンク

相互リンクページ

Copyright (C) 2013 解決!雇用保険ナビ All Rights Reserved.
inserted by FC2 system